アルミサッシ LIXIL/リクシル デュオPG 雨戸サッシ半外付型 2枚建 18613 サッシ寸法W1900*H1370mm-その他

[リフォームおたすけ価格!]

[セット内容]
障子(引手){硝子組込}/枠/戸袋/鏡板/雨戸/雨戸錠

[納期・在庫に関する注意事項]
メーカー発注後、在庫を確認してご連絡いたします。

[梱包状態・その他注意事項]
●硝子は障子に組み込んだ状態で発送しますが、枠の組立は現地対応となります。
●確定金額は注文承諾メールにてお知らせいたしますので、必ずご確認ください。
●オプション選択項目の増減金額、送料等は自動計算・自動返信メールには反映されませんのでご注意ください。

オプション商品のご案内。
  • 規格サイズのアングル付サッシの必需品(ジャストカット窓枠)

    DS窓枠 ジャストカット仕様 アルミサッシ規格サイズ18613用 ノンケーシング

  • 虫除け対策の必需品
    LIXIL/TOSTEM純正規格サイズ網戸

    TS網戸 2枚建用 1枚/セット アルミサッシ規格サイズ18613用 ブラックネット

★取扱方法については、こちら→『サッシの取扱いについて』をご覧ください。

●商品のカラー、納まり詳細図は下記をご参照ください。













アルミサッシについて
 サッシ(サッシュ,sash:英語)は窓枠として用いられる建材、または窓枠を用いた建具であるサッシ窓そのものをサッシと呼ぶことも多い。
ほとんどのサッシは窓枠にガラスなどをはめ込んで使用するが、網戸についてはサッシに防虫網を貼って用いられる。

材質について、かつては木製やスチール製が多かったが、現在では樹脂が主で、次いでアルミ(アルミニウム合金)製、木製となっている。
アルミ製サッシは安価かつ、腐食に強く、加工が容易なことから広く用いられているが、
断熱性能が非常に悪いため、近年では結露の防止や保温性を重視した樹脂素材や樹脂とアルミの複合素材のサッシが使われるようになっている。

サッシの分類には大きく分けて「住宅用」と「ビル・マンション用」があり、両者は構造・規格・設置方法が大きく異なるので、サッシを選ぶ際は設置する躯体(構造体)を確認する必要がある。

各メーカーによりサッシはシリーズ化されており、代表的な住宅用サッシシリーズは下記の通り。

■LIXIL
レガリス
エルスターX
エルスターS
サーモスX
サーモス-H
サーモスL
シンフォニーウッディ/シンフォニーマイルド
デュオPG
デュオSG

■YKKAP
APW310/APW230/APW500/APW501/APW700
エピソード/エピソード Type S
エピソードウッド
エイピア J
フレミング J

■三協アルミ
アルジオ
マディオJ・M・P
スマージュ・トリプルスマージュ

雨戸について
 雨戸(あまど)は、防風・防犯・遮光・目隠しのために建物の開口部に設置する建具。
かつては台風などの強風により窓ガラスや障子が破損するのを防ぐ目的で設置されるケースが多かった。
ガラスの性能向上により、戸袋の設置に大きなスペースを必要とする雨戸が敬遠された時期もあるが、現在では防犯・断熱・目隠しといった雨風を防ぐ以外の役割が評価されて普及率が上がっている。

構造的に丈夫で、なおかつ内側からしか開錠できないため、高い防犯の効果がある。
材質はかつては木製が主流だったが、近年では防火の役割も兼ねている為、金属製の物が大多数を占めるようになった。
断熱性や防音性向上のため、面材にポリウレタンを内包する雨戸もあり、雨天時の寒さや日中の直射日光による室温の変化を防ぐ効果がある。

雨戸の形状は、サッシ横の戸袋から引き出して使用する「引き戸」タイプとサッシ上部から引き下ろして閉める「シャッター」タイプがあり、手動式だけでなく電動式のシャッタータイプもある。

LIXIL
・雨戸一筋
↓単体雨戸
・Danパネル雨戸
・ルーバー雨戸
・可動ルーバー雨戸I型

YKKAP
・雨戸枠9AF
↓単体雨戸
・スチール雨戸5SA
・通風雨戸XRA
・断熱雨戸7DA /7DA-BGE
・断熱雨戸7DA-H/7DA-H-BGE 高強度タイプ

三栄水栓(SAN-EI) Kiwitap シングルワンホール洗面混合栓(ベロアメッキ仕上げ) 寒冷地用 K4770PJK-MC
7-5

4時間グランドゴルフをしたら腕は真っ赤っ赤

[RBO-D1V]本格オーブン調理が可能 ココットダッチオーブン リンナイ ビルトインコンロ部材【オプションのみの購入は不可】

2016年/C年説教=神のぬくもり
2016年Fr.YASUアイキャッチ

イエスさまも、天のおん父のみ旨を果たすために「派遣」されたのでした。人間の救いのためです。その任務を拒めば、全人類はいつまでも闇の中にとどまり、とざされたままで放置されてしまいます。

ページの先頭へ